インプラント

当院ではインプラントを取り入れて28年以上たちいろいろな形でインプラントを有意義なものとして提供してきました。はじめは奥歯を無くした人特に大臼歯部分を二本分の部位にインプラント同数入れるケースから上前歯を何度もやり直ししていくうちに歯根破折してしまったもの、両隣接歯が健全でそれを削ってブリッチにしたくないケースや入れ歯なんだけど義歯を動かなくサポートするためのインプラントオーバーデンチャーにするケースなど応用は様々です。インプラントは有意義なものであるものの完全ではありません。正しい使い方ダメになりにくい維持の仕方を最大限にしながら長期にわたって利用できるようにするノウハウが臨床で長く使われてきたことによって予知性も高まってきています。当医院で数種類の性状のインプラントを用意して部位やお口の条件によって使いわけています。また神経の走行が予定している部位と近い場合CTと模型をコンピューター上で組み合わせサージカルガイドというものを作ってドリルの幅長さにぶれなく正確に埋入するシステムがとれるものを提供しています。インプラントは3か月くらい力を加えないやり方からすぐ仮歯をいれて加重するものまでいろいろ適応範囲も広くなってきていますが過信せずメインテナンスをしっかりしていけば(お口の汚れによるインプラント周囲炎やナイトガードなどによる力のコントロールをしっかりするなど)長く維持でき口幸につながってくれると思います。