マイナス1歳からの虫歯予防

子供のむし歯を予防する一番の方法は?

それは、子供が生まれる一世代前(妊婦、または妊婦になる可能性のある方)から、子どものむし歯予防を始めることです。
これは、簡単に言えば「マイナス1歳からのむし歯予防」です。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯の原因菌「ミュータンスレンサ球菌群(MS菌)が存在しません。

このMS菌が親から子供にうつるのを防ぎ子供がむし歯にならないようにするには以下の3つが要になってきます。
親の虫歯の進行を遅くさせ、虫歯をしっかり治し管理する。(遅いほど、軽症のむし歯で済む)
子供の口腔内に伝播しても構わない菌(定着しにくい善玉菌)に変える。
(キシリトールが有効。)
子供にとっての感染源、特に母親のMS菌を減少させるためには、妊娠中もしくは妊娠前から歯科医院を受診し、食事指導や歯磨き指導を受けたり、むし歯治療を受けたりすることが大切です。
妊婦歯科検診をきっかけに当院を受診される方も多いですが
それ以前からも定期的に歯科を受診することが、より望ましいですね。