審美的な補綴について

現在かぶせ物は自費の場合金属をつかわない二ケイ酸リチウムを用いたもの(E-maxといわれるもの)、さらに強度を求められるところにはCAD/CAMを用いたジルコニアを使ったものを提供しています。保険適用の金属は強度は安定していていいのですが見える場所だと銀色なので女性や営業の方、笑顔を大切にされる方では敬遠される人も多いのが現状です。(保険の金属のものは、適合もE-max、ジルコニアに及びません。)白い歯でも隣の歯や、対合の歯の色が悪い場合、ホワイトニングといって歯の色自身を白くしたり対称の歯が曲がっている時など部分矯正をしてからより美しくしてかぶせる事ができるので長く美しくを重視する治療を好まれる方が多いです。強度はジルコニア、透明感、審美だとE-maxが現在はベストチョイスでしょうか。さらに詳しく適応を述べると、欠損が大きくなるとジルコニアにポーセレンというガラスを焼き付けたり、単歯であっても噛む力が強く顎が角ばってる人(下顎の親知らずを除いた最後方の歯は咬筋付着部に近く力がかかる。)のケースではジルコニアにするケースもあります。