検診

本日医院の休みのなか委託されている子ども園の検診にいってきました。最近の傾向として1歳6ッ月、3歳時診など県、市の事業でフッ素塗布がおこなわれているせいか虫歯の人数が減ってきているなと実感がありますが、そのなかでも多数歯う蝕の子も見受けられて口腔崩壊している状況に危惧を感じざるおえません。(二極化問題)3歳から5歳親の仕上げ磨きができない生活状況と穴があいた状態を放置することによる窩洞への食渣の蓄積でさらに進んだ虫歯で残根状態になり、かみ合わせが維持できない状態で永久歯交換をむかえざるおえない状況は、なんとかさけたいものです。歯科でしっかり治したあと生活習慣改善と包括的な長期管理が必要です。